最近では、性別を問わず、幅広い年齢層で脱毛を行う人が増えていますが、施術時の痛みが何とかならないかと思っている人は多いことでしょう。最新のメディオスターは、アメリカで開発された医療用のレーザー機器で、ほとんど痛みを感じることなく施術ができるといわれています。その仕組みは、毛根よりも肌の表面に近い「バルジ領域」という毛を生やす指令を出す部分にレーザーを当てることにより、幹細胞を破壊するという方法です。痛みの感じ方は人それぞれですが、一般的に痛いといわれているVIOにおいても、ほとんど痛みを感じないという人もいるようです。メディオスターでの施術は医療行為にあたるため、エステで施術を受けることはできませんが、日本国内の美容外科での導入も増えていますので、痛みに耐えられずに脱毛を諦めている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

痛みが少ないメディオスター脱毛

医療レーザー脱毛は効果が高いことで知られており、女性だけではなく、男性のひげの処理などにも利用されています。効果はとても高いですが、その代わり痛みもやや強く、痛みに弱い人の場合は脱毛を続けていくのが難しくなってしまいます。最近はより痛みの少ない施術を行うクリニックも増えていますので、各クリニックではどのようなマシンが用意されているのかもよく確認しておきましょう。最近注目されているマシンにメディオスターがあげられます。今までのレーザー脱毛は深い部分にある毛乳頭に高出力のレーザーを照射していましたので、痛みが強い傾向にありましたが、メディオスターは浅い部分にある、毛に栄養を与えるバジルという部分に照射していきますので、より痛みも抑えられるようになりました。それでいて効果も高く、施術の回数も少なく抑えられています。

最新の脱毛マシンメディオスター

脱毛クリニックではレーザーによる施術が行われていることが一般的ですが、マシンにより特徴は違いがありますので、最新のマシンにも対応しているクリニックであるかよく確認しておくことがおすすめです。最近話題となっているのはメディオスターと呼ばれるマシンで、強力な冷却装置を備えており、痛みをかなり抑えられるようになっています。そして従来の機器に比べて、痛みや腫れ、毛の焦げなども少なく2種類の波長を照射できることも特徴的です。均一な照射面積を確保することができ、安全性にも優れており、美肌効果も期待することができます。色黒の人はレーザーが照射しづらい傾向にありましたが、こちらのマシンは肌が元々黒い人にも利用しやすいのもメリットです。まだまだこうしたマシンを導入するクリニックは多くはありませんが、今後ますます注目が高まりそうな施術です。