大特集!中古の着物通販6サイト

HOME > 中古の古着の豆知識 > 中古市場ならお手頃価格で素敵な着物を見つけやすい

中古市場ならお手頃価格で素敵な着物を見つけやすい

新品とは違い中古の着物は着用頻度も減ったときに、処分をどうするかは悩ましい所です。
普段は洋服で過ごすことが大半の現代人ですから、タンスの中に閉まったままにするよりも、処分をしてスペースを開けたいと考えることもあります。
その際に燃えるゴミの日にゴミとして出すのはもったいないので、着物買取専門店へ査定に出すことです。
何度も来ているからと極めることなく、専門店では着物価値を見極めるプロが査定をするので、まずは査定に出してみていくらになるかを確認します。
洋服よりも思い入れが強いのも着物類ですから、そのまま処分をするよりも、少しでもお金にして必要な人のもとへと渡る方が気持ちの上でも満足度が高いです。
査定に出すからといってクリーニングに出す必要はないですし、できる範囲でキレイにして出せば問題はありません。


新品の新作ブランド着物はさすがに高くて手が出ないとしても、中古の着物であれば格安で入手をするチャンスです。
洋服もそうですが一度レジを通してタグを切ってしまったら、そこからは中古扱いになるので、新品ほどの価値はありません。
それは着物も同様であり、購入をしたらすでに中古であり、袖を通して何度も着るごとにその後リサイクルショップなどに出す際の価値は下がります。
ですが買い取る方としては大変助かる仕組みであり、欲しい着物を中古で見つけることが出来れば、多少の古さを感じたとしても新品ほどの高額な買い物にはなりません。
中古品は古くて汚れもあって着用をする際に気になると考えるかもしれませんが、現代市場に出回っている中古の着物は新品とさほど変わらないほど状態が良いものも少なくはないです。


着物は中古市販でも数多く出回っていますが種類は大変幅が広く、礼装や正装用着物も見つけることが出来ます。
礼装に用いる着物ですから普段着用とは違いますし、そもそも着用をする機会が少ないタイプです。
これが中古市場に出た時には価値を上げる要因にもなっており、あまり着ないままで着物買取店などに売るので、その後買い取る人にとってはまたとないチャンスになります。
ほとんど着ないまま売りに出された着物ですから、当然のことながら新しい着物同様にキレイだからです。
売りに出した人が丁寧な保管をしていてくれれば、買い取ったときにも良い状態の正装用着物を手にすることが出来ますし、その後も保管の状態を良いものに心掛けることで、十数年くらいは絹の着物などは変質をすることもありません。
礼装着物は長襦袢とのセットでの販売パターンが多く、シミや傷もない中古品は意外と多いです。