大特集!中古の着物通販6サイト

HOME > 中古の古着の豆知識 > 着物を中古で購入することのメリット

着物を中古で購入することのメリット

着物を購入する場合、従来は呉服屋さんやデパートの専門売り場に足を運んで、反物から仕立ててもらったり新品の既製品を購入することが一般的でした。
デザイン性に優れ織り上げるにも特殊な機材と熟練した技術を必要とすることから、しばしば非常に高額で両親や祖父母などからの結婚や成人などの特別なイベントの為に用立ててもらうスタイルが一般的だったといって間違いないでしょう。
しかし最近では少子高齢化が進み、必ずしも高額な着物を用意することは一般的なものとは言えず、他方で中古の着物市場の成長が著しいことから中古で着物を購入することも一般的な傾向になりつつあります。
従来型のものの見方からすれば、着物を中古で購入することには、ためらいをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし中古の着物にはならでは良さやメリットがあるのです。


新品の着物のよさは今さら言うまでもありませんが、あえて中古の着物を購入することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
例えば一般的な呉服店で新品の着物一式を揃えることを検討して見た場合の費用の概算を考えて見ましょう。
着物を選び帯を選んで、さらにかばんなどの小物類もプラスすれば、簡単に100万弱くらいには跳ね上がります。
これに引き換えリサイクル品を中心にする中古の着物で、同等のクオリティーを備えたものを購入すると約5万円程度支払えば、小物も含めて同等の着物を入手することがかなうのです。
こと値段に関して言えば、中古着物の方が断然コストパフォーマンスが高いと評価して間違いありません。
しかも中古と言っても、実際には一度も袖を通していない場合も珍しくないのです。


特にお店の展示用のために陳列されていたような着物であれば、保存状態も良好で誰の手にも渡っていないほぼ新品同等の着物に出会える可能性もあります。
もちろん着用されてものでも、ほつれなどがあってもしっかりリペアされているので状態の良好なものが販売されているので品質の面ではほとんど気にするほどは無いといえます。
しかし全てがメリットだけと言うわけでもなく、注意を払うべき点もあります。
それは自分が求めている絵柄や色調の着物に完全に合致したものにめぐり合うのはなかなか難しい点があるのは事実です。
そのため中古着物を購入する際には、何らかの形で妥協すべ起点もあることは留意しておくべきでしょう。
とは言っても日本古来の伝統技術でおられた職人の一品はむしろ中古着物の方が手に入りやすいといった着物特有の事情があるので、デザイン的にも満足できる一品を見つけることは案外チャンスが広がっているとも言えそうです。